浮気性の旦那への浮気調査

奥さんがいるにもかかわらず、独身のふりをして出会い系サイトを利用したり、独身の友達に誘われコンパに出かけたり、浮気性の男性というのはいるものです。こういった男性は、どうせ浮気してもバレるわけはないとか、バレたとしても、謝れば奥さんが許してくれるだろう、と軽く考えているものです。

 

しかし、女性というのは「女の勘」というものを持っていて、これは案外馬鹿に出来ないです。確かな証拠をつかんだわけでは無いのに、なんとなく旦那さんの言動がいつもと違うような気がして、これは浮気をしているに違いないとピンときてしまうのです。

 

けれども、証拠をつかんでやろうと例えばケータイを見ても、ロックがかけられていたりしたら、浮気相手とメールのやり取りなどしていても、確認できません。万が一、ケータイをこっそり見ていたのがばれたら、旦那さんは「プライバシーの侵害だ」などと逆ギレするかもしれません。

 

旦那さんにバレないように、しかも言い逃れができないよう証拠をつかむなら、プロに頼むのが1番です。

浮気の証拠を確実に掴むことが重要

浮気性の男性というものは、結婚したとしても、その癖は直らないそうです。

 

もし、旦那さんが浮気をしているかもしれないと思ったら、どうするべきでしょうか。真っ先に離婚することを考える人もいるかもしれませんが、証拠がないと、慰謝料などの請求もできません。証拠などなくても、明らかに行動がおかしいから、浮気しているに違いない、という理由ではダメです。

 

もし、旦那さんの財布から、明らかにホテルのレシートが出てきたり、クレジットカードの履歴で女性物の商品を買っていたりしたら、これらの証拠は取っておきましょう。

 

しかし、これだけでは、言い逃れされてしまうかもしれません。具合が悪かったために仕方なくホテルに入ったとか、お世話になった女性にお礼の品を送っただけと言われたらそれまでです。

 

浮気調査を依頼し、興信所や探偵社などによって、確かな証拠を見つけてもらうしか無いのです。

 

また、同時に弁護士に相談することをすすめるのもアリ。慰謝料はどれくらいが妥当なのかといったことを、無料相談に乗ってくれるところで聞いてみましょう。

旦那の浮気はこちらの無料相談で解決している方が多いです。